2008/03/23

小曽根さんのオルガン♪

 今更だけど、去年の東京JAZZ2007の放送されたものを見ている。
 そう、小曽根さんがマイクスターンバンドに出ていた。しかもオルガンで!小曽根さんがオルガン弾くのは知っていたけれどなかなかお目にかかる事ができない。年に一度の小曽根音楽院イベントだけじゃないかって思っていた。
 インタビューで言っていたけれど、小曽根さんが子どもの頃初めて触った楽器がハモンド。そうだよなぁ。お父さんの小曽根実さんもオルガン奏者だしな。そしてマイクスターンが、この小曽根さんとの企画を思いついたのが、小曽根さんがゲーリーバートンと出ていた時だって言っていた。…ん????それってもしかして数年前のくっちゃんJAZZじゃないの?確か初日のトリがマイクスターン、2日目の頭から2番目位が小曽根さんとゲーリー。覚えているよぉぉぉぉ。まぁ、世界をまたにかけているミュージシャンだから、どこの国のジャズフェスで出会ってもおかしくないけれど。もしその時に思いついたのだったら、たまたまライブを見ていたので歴史に立ち会えたみたいで、なんだか嬉しくなるな、なんて単純に思った。

 で、小曽根さんとB-3。さすが、さすが。幼少の頃からあの楽器を弾いてしまったら、ドローバーと感情の盛り上がりの使い方、エクスプレッションペダルの使い方、身に染みているんだろうな、と思わざるを得ません。弾き方だってもちろんピアノとは全然違うし。一緒に演奏しているのがマイクスターンだから、超絶技巧の曲が多いのはもちろんのこと。その合間に弾いた小曽根さんのアドリブはすっかりFUNKY!でいやらしかった(笑)
 いつか、小曽根さんのオルガン、しっかり聞きたい。いや、聞きにいこう!

0 件のコメント: