2008/01/24

四拍目

 今日はすっごい雪だったけど、師匠のライブを観戦。ピアノトリオでした。Dsにジョニー黒田さん、Bassに豊田さん、でPianoが師匠。
 ジョニーさんと豊田さんは昨年夏にビアガーデンでデキシーランドジャズの演奏を見たことがあったので、とても楽しみにしていた。そのライブもとても楽しかったし!

 で、感想は一言で言うと、楽しかった!に尽きる。何というか、安心して身を預けられるリズムに師匠がどんどんのってくる感じ。今日の師匠は言葉多く語らず、というスタイルの演奏だったけどそのシンプルさの中にいかに自分を魅せてくるか、という感覚。
 そして、Beatの長さを感じたライブだったな。

 今レッスンでの課題が一拍をいかに長く感じるか、なんだけど、今日のライブで演奏した師匠のオリジナルBluceの時、黒田さんのDsを聞いて、「あれ?四拍目が長く感じる!」と初めて思えた気がした。私はどうも突っ込み気味の演奏をしてしまってテンポキープができない兆候が何年も前からあるので、昨年レッスンにまた行きだしてから大きな課題になっている。その度に言われる、「一拍って長いんだからさ!」そう、そうなんだよね、本当に長かったわ!特に四拍目が!これを普通に感じないと、まだまだJazzへの道は遠いって事だよね。感じるぞ〜!!!!

0 件のコメント: