2007/12/10

衝動買い…



 久々に衝動買い。夏以来じゃない?(夏は中古だったかも。今回は新品!おぉ〜)
 今回本当はほしいCDは一枚。教える関係でシューマンの「子どもの情景」を聞いておこう、と思い、先月から購入予定だった。演奏者はその場で聞いて決めようと思い、今回は店頭のバーコード視聴で2枚聞いて、マルタアルゲリッチにした。シューマン、難しいなぁ…。弾く、弾かないは別。もし弾いたとしても、こんなに柔らかく、そして時に力強くやるのはとても私には大変…。
 さて、そしておまけでついてきちゃった、いや、欲しくなっちゃったCDさん達。
 ルービンシュタイン演奏のピアノ協奏曲モノ。グリーグの協奏曲イ短調Op.16を師匠の教室が一昨日の発表会講師演奏でやったのでほしくなって購入したのですが、同CD収録でシューマンのイ短調Op.54がついてきた。出だしで思い出した。「高校の時部活の定期演奏会でゲストを入れて演奏した泣きの曲やん!」と。当時コンミスだったのに曲の事もよく知らずに顧問にかみついた(笑)っけな。でも、今でも音の一つ一つを覚えている。さすが十代。という訳で、今シューマンを聞きながらグリーグ待ちです。

 もう1枚はバドパウエルなんですが、こちらについてはまた今度。

2 件のコメント:

pigupigu さんのコメント...

おお!
クラシックCDだ!
パパと「のだめ」の影響でクラシック聴くようになったヨ。
ホロヴィッツじいちゃん、好きかも。
ってか、そん位しか解らないの…
曲を聴いても「○○CMの曲だ~」くらいの
レベル…
でも、楽器や歌声って凄いよね
なんだか感動して、涙が自然に出ちゃう。
音楽以外にも、風景とか絵画でも涙が出る…
癒しより、浄化されるような感覚かしら?

nocchi さんのコメント...

おぉ〜!音楽にコメントさんきゅ〜!!
そう、久々にクラシックなのだ。学生の時以来ぶりで購入したかもしれない(汗)
クラシックは私にとって、ものによっては癒し、ものによっては恐怖の想い出(笑)でも、いた学校がこの手なので、やっぱり自分に与えた影響もいろんな意味で大きいジャンルです。