2007/08/01

夏の夜空


子どもの頃のキャンプの思い出は、三石の夏、満点の星空。
天の川を横切っていく人工衛星の光を少し怖い、でも大きい、と思いながら家族でキャンプをしたものでした。
…夏休み、キャンプの時期ですねぇ。今日聞いた一枚はクラシックのオムニバスアルバムですが、タイトル「星の音楽」。同シリーズで月の音楽とか森の音等々あるようですが、わたしはこのアルバムを購入したのは、ドビュッシーの「夢想」とブレイク前の「ジュピター」原曲、ホルストの惑星から「木星」が入っていたからでした。
ドビュッシーの「夢想」は、高校時代に、シンセ打ち込みによるオーケストラversionを某バンドのライブのオープニングで見てから、虜になってしまった曲でした。Piano譜面も購入して弾いてみたりしましたが、当時の自分には、あの押さえが難しかった記憶があります。最近譜面が出てきたのでまたトライしてみました。なかなか弾けないものの、左手の押さえだけは、ジャズのおかげで、押さえやすいポジションにあるのね、と、妙に納得しました。
…部屋を暗くして、少し星をイメージできるように聞いてみました。こんな楽しみ方も悪くないな♪

ところで、阿久悠さんが亡くなりました。ピンクレディーケイちゃん好きだった私には、近くはないけど、遠くはない、という感覚で、阿久さんの名前を拝見していたような気がします。また、昭和のヒットメーカーがお一人亡くなられてしまいましたね。ご冥福をお祈り致します。

0 件のコメント: